2017年5月13日土曜日

爪水虫にタムシチンキ 中間報告

数年前から足の爪に水虫が寄生。
初めは一本だけだったのが3本怪しくなったので治療を試みる。
爪水虫専用の高額な製品もありますが、ここはタムシチンキ。

理由其の一
液体なので狭い細部まで染み込んでいく気がする。
理由其の二
とにかく安いので試す価値がある。

数日、一日数回塗り続けると爪がボロボロになる。
それをカッターで削いではタムシチンキ。

タムシチンキは蓋に塗り道具が付いている。
ヘラのような形で穴が数個空いている。


これで爪にペタペタと塗り広げる。
足の指の間をスルスルと入れる。
こんな程度で行ける。

使用上の注意書きに合成樹脂などが軟化、塗料を溶かすなどなど劇薬風の言葉。
カッターもいいのだが角質化したかかとを削るDr.Schoilというヤスリ。
これは強力で簡単。
爪はどんどん薄くなる。
そこにまたタムシチンキを塗るという算段だ。

現状では新しい爪がまだ生えて来ないので成果は不明。
原理的には爪水虫に侵された部分は取り除けるだろう。
其の部分は絶対に普通には戻らない。

結果がわかるまでには1ヶ月以上かなあ。

2017年5月7日日曜日

立派な方だなあと思います

小林麻央さんです。
病気と闘うという意味を考えさせられる。
闘うというのは対象がありそれが病気。
病気という漠然とした死の恐怖はかなりはっきりした輪郭がある。
例えば、治る病気と治らない病気。
骨折で死の恐怖というのはほとんどないだろうし、風邪だったないだろう。
それでも死ぬこともある。
つまり、病気は必ず死の輪郭を持っている。
ただ、それを意識するかしないかの違いだろうし、意識してどうなるものでもない。
人間の生死は全く予想がつかないだけなのだ。
彼女は生きるための動機をたくさん持っているのは素晴らしい。
死を意識しないと生きるための動機なんて何にもないのが人間だと思う。
色々考えると誰でも必ずその時が来るわけでくよくよ考えても仕方ないこと。

まさに考えるときはそうそうない。
その考える時に考えられるのは、生きるための動機がいっぱいあること。
病人の私としても見習いたいと思う。

2017年5月4日木曜日

山中湖27 ステーキ酒場

朝食はデニーズ、ガストとロードサイドをはしご。
いずれもMy奥様の負担軽減ですから。
おおもりさんに未だに行かず、ランチはほとんどカップ麺主体。
今夜のディナーはステーキ酒場。
確かに一見飲み屋風ですがステーキ屋です。
もちろんアルコールはあります。
ステーキ酒場というのはある種のチェーン店でしょうね。
7時予約したんですが、何しろ2シーターで3人ということで2往復。
私はこれ
チーズとトマトの300gハンバーグ
ご飯は普通でした。
もちろん大盛りでも料金は同じ。
ゴールデンウィークでお客もあふれていました。
予約してよかった。

2017年5月3日水曜日

山中湖27 夜5時間のドライブ 渋滞の連休スタート

2日夜、9時過ぎに出発。
通常のルートで環7、環8経由で東名御殿場へ。
これがモロ混み。
港北でトイレ、中井でトイレ、足柄で給油。なんと1時過ぎ。
初めて須走から高速で山中湖インター。
ついたら1時半過ぎと5時間弱という新記録。
サービスエリアでおにぎりとお茶の夕食だったりも初めて。

朝は高曇りで富士山霞んでいるけどクッキリ。
まあ、寒いのは計算済みですがやっぱり寒い。
エーブル山中湖のパーキングは満杯で隙間に押し込め駐車。

寒い避暑地はマンションとか鉄筋に限る。
つまり、中に入ればそれなりの室温が保たれている。
夏はちょっとひんやりしている。
木造のコテージはちょっとそそられるが管理人がいないと難しいだろう。

朝はそのままデニーズのモーニング。
デニーズは質がいい。
値段もそれなりということだろう。
video

どうせ出かけたんで花の都公園へ。
ちょっと寒いのでチューリップ畑の咲き揃っていない感じ。
桜は満開でした。
たまたま、入場パスを忘れたんでここは外です。
春は入場料が500円ということで二人で1000円。

立派な案内板がありました。
春の入場料が一番高い。
駐車場もちょうど満杯って感じでしたね。