2017年3月6日月曜日

忙しくてしかも嫌な気分の一日

今日は救命法講習。
一応、普通救命資格講習なので3時間程度。
人工呼吸、心肺蘇生、AEDと実際の通りでした。
初めの挨拶をしたんですが、人を本気で救うためにやってると気合を入れてと話す。
まあ、伝わったとはあまり思わないけど、そのくらいじゃないとやっても意味がない。

本当は体力的に大丈夫かなあと心肺でしたが問題なし。
要領がいいということかもしれません。
今年は昨年と方法が変わりませんが来年は改正される年です。

そのあとである方と話してほしいという要請があり立ち話。
くだらない話を永遠とされてどっと疲れた。
本質を知らないのにうだうだ言われても納得しないんで辞めろというなら辞めると言ったら、自分から辞めろというのが筋だそうだ。
なんだか呆れてそれ以上は何言われても素通り。

教室が開かれていたのである指導法をアドバイス。
同時に同所で講習会実習開催で、わからない問題があればなぜわからないのかを書けばいいと言っておいた。
つまり、わからないような講習だったということを書けばいい。

それからまた講習。
飛び込みのプロセス。
まあ、何度目かの方々で一人は同じ指導を受けた方だったので上手かった。
長い一日が終わった。
そして、くだらない話で疲れた。

1 件のコメント:

  1. お話があります というのはゾッとするね
    前置きは要らない お話も要らない

    返信削除