2015年9月30日水曜日

ワタリガニの思い出。

子供の頃のカニといえばワタリガニ。
蟹工船の毛ガニは缶詰。
ワタリガニは茹でたてを売っていました。
とにかく保存方法もないので獲ったら直ぐに処理して早く売るって時代です。
電気冷蔵庫もないし、缶詰は高価。
ということで、口に入るのはワタリガニ。
身はほどんどなくてカニ味噌が濃厚だった。
今日、買い物でこんなものを見つけました。
ワタリガニの身。
インドネシア産だそうで200円。
綺麗な身だなあ。
寿司屋でワタリガニは味噌汁で、握りはカニ味噌軍艦あたりです。
それについている身はワタリガニじゃないですね。

サラダにして食べてみました。
ほとんど味はなし。
出汁にすこしカニの風味がありました。
この缶詰に何杯分のカニが使われるんでしょうかねえ。
特殊な方法でワタリガニの足から身を取り出すんでしょう。

とりあえず、値段は庶民的でカニが食べられるのはそれはそれで素晴らしい。
かに玉にしたら結構な量です。

2015年9月29日火曜日

ロッカー荒らし

物騒な世の中ってのは時代というより景気を反映しているんでしょうか。
昔の貧乏時代ってのは思っているほど荒っぽい犯罪は少なかった。
こんなことは言いたくないですが、国際的というか風潮に成ってしまった。

プールの更衣室の話。
なんと更衣室のロッカーでキーをこじ開けて盗難事件。
本当荒っぽい。
鍵のかかってないロッカーを開けてというのはありそうですけどこじ開けるってところです。
もし、こんな犯罪者に遭遇して、何しているんだとか言った途端に刺されるかもしれない。
怖い時代です。

児童の水泳教室です。
今日からではなく、今年の初めから遅刻者の入場制限をしています。
更衣室は死角のないロッカー配置、つまり壁際にだけロッカー。
これですと当然、ロッカーの数は減ります。
児童の教室で入れ替え時に2倍のロッカーが必要なわけです。
今、練習している参加者分とこれから練習する参加者分ですね。
つまり、入れ替え時間の短縮なわけです。
全員出てから入るとなると半分の時間が更衣室で消えちゃいます。
安全ですが練習時間は減りとっても不便な利用方法です。

今日からロッカーの利用範囲を区切り、入れ替え。
結構、出席者が多くてどうなるか心配でしたが指導員の協力でなんとかクリア。
ぶっそうな世の中で、かつては開けっ放しだった更衣室のドアも時間になるとロック。
遅刻者は入れなくなりますので、まとめて10分後に再入場。
これより遅い遅刻者はプール内にギャラリー席から合図でも。
幸い、遅刻はうるさく指導していますので、今日は2名ていどでしたね。
これでも、なんでロックするのかという保護者からクレーム。
安全ですよ。

2015年9月28日月曜日

組織 必要な人間関係 接点 橋渡し

組織を運営していると大きな課題にぶつかることが多い。
組織は必ず、どこかに所属している。
その所属は一つではなく多岐に渡る。
組織の利益を守ることは当然。

所属する団体も組織であり利害がある。
組織と所属団体で利害が一致していれば問題ないのだがそうとばかりとは限らない。
所属団体の方針が組織の運営に問題があればそれは話し合いということになる。
しかし、双方が譲ることができない点についてはそれぞれ条件を出し合う。
その場にはかならず、橋渡ししてくれる人間が必要だ。
双方に精通した人間でなければならない。
なぜなら双方は自らの方針しかわからないからだ。
それぞれの方針を聞いて落とし所を見つけてくれるのはやはり双方の理解者の立会い。

◯◯連盟は財団法人◯◯協会に属し、そこが行政との橋渡し。
となれば問題はないし、それで解決する場合が殆どだろう。
しかし、それで解決できない場合はどうしたらいいのか。
基本的には◯◯区議などに依頼するのが公平になるのか。
協会はほぼ、行政から天下りなのであたりは柔らかくても行政の言い分をまず言い出す。
しかし、独立組織である以上、所属団体の言い分もちゃんと伝えてくれる。
あるいは守ってくれるという言い方が正しい。

それぞれの立場、これが利害を反することはままあることなのだ。
しかし、区民スポーツという部分で一致しているのはありがたい。
区は区民がスポーツを楽しむ、技術を習得することについて◯◯連盟を信頼している。
つまり、信頼関係が一番大切なことだと思う。
これは目的が一致するということだ。

これからは区議会議員の力も借りることが発生する可能性がある。
その時に力になってくれる区議さんがいれば一番ありがたい。
先日も施設利用で管理者側と意見が相違したのだがある区議さんに相談して仲介をしてもらった。
実はこれが早い方法かもしれない。
しかし、◯◯連盟はあくまでも独立した組織だという自覚でなんでも区議さんに頼むというのは本末転倒だろう。
その辺をこれからお世話になった区議さんと話をしながら協力を求める必要があると感じている。

2015年9月27日日曜日

技術研修

前期に用具の使い方についての研修がありました。
後期は使って指導をする場合の模範技術を研修。
一応、ビデオで撮影して自己を客観的に見つめるテーマです。
多少の練習はしてきているとは思いますが参加者の指導員の方々の練習目的理解度も様子を見ながら判断している。
年齢が異なれば泳ぎも異なることを自覚できる。
いろいろな要素を考えながらできるだけ練習目的がわかりやすいように見本を見せる。
などなど、多彩な目的で研修は進みました。
参加者の技量にそれほどの差はありません。
というより、差を感じさせない努力というか日頃の鍛錬を感じました。

これから10回足らずですが同様な研修で進めたいと思います。
技術研修は同じ技術、同じ論理を共有して一貫した指導ができることが目的ですね。
頑張りましょう。

商店街

商店街のど真ん中に居住しているんです。
商店街も10年前まではそれなりに頑張っていたんですが、とうとう厳しい。
経営者が高齢化。
そういえば10年前にテレビで盛んにシャッター商店街の様子が報道されていました。
当時は駅前ですからそれなりに商売はできていました。
まあ、私と同世代なんですけどみなさん今まで頑張っていたんで金属疲労みたいなもんですかねえ。
売り上げが落ちて、体はボロボロってことです。
最近、飲み屋さんの旦那が倒れて休業ってことですが、ご家族がお片づけしていました。
お話を聞くとやっぱり無理がたたったのと、病院へ行くのが遅れたようです。
入院中で手術待ちのようです。
もうひとかたはご兄弟ですがお兄さんは元気なのに弟さんが胆管癌で入院中。
手術も終わり元気にはなってきたようですがまだ時間が掛かるようです。
こう見ていると私達と同時期に開業した店舗はほとんど全滅しました。
ある程度は新しい店舗になりそれなりに営業はしていますが飲食店ばかり。
つまり、商店での物販は全く無理な時代になりました。
それこそ、お豆腐屋さんのように製造販売も難しい。
工場で大量に安いお豆腐が氾濫しちゃっていますからまともな値段じゃ売れない。

この辺りは借地でして、そろそろ書き換え時期です。
何軒かきかえるんでしょうか。
地代ですから、普段はほとんどタダに近いというか、固定資産税に毛が生えた程度。
書き換えはそれなりに契約金がかかりますからねえ。
しかし、昭和20年代開業が一軒しか営業していないというのはあっという間でしたね。
まあ、60年前ですから。
10年前あたりから、店主が変わりだし後継者もいないので廃業ってパターン。
早いものです。
つまり、平穏に50年、半世紀商売できていたというのも不思議です。

これからどんな社会になるのでしょうか。
我々世代がピークから下って10年でこれですからねえ。
それにしても50歳代まではほんと順調というか好き勝手でしたね。
個人経営者、個人商店は今後もあるんでしょうが一時代、一世代なんだなあ。
なんだか感慨深い。
こんなことつい先日まで気づかなかった。

2015年9月25日金曜日

秋雨 由比缶詰所 父の田舎

ワールドカップでの敗戦のショックは大きい。
僅差で戦ってくれると思ったんですが疲労度は大きかったですね。
ジャパンの練習は中3日を想定していたようですが実戦と練習は違います。
スコットランドは憎いくらい冷静だったんですね。

今年の8月後半から雨が多くしかも冷たいです。
台風も困りますがこう雨が続くと滅入るなあ。
ワンコの散歩もガード下ですが、吹き込む場所があり全然濡れないというわけにはいかない。
それでも傘さして、ワンコずぶ濡れとか、カッパとかじゃないのは救われるでしょう。

由比の缶詰をいただきました。
フレーク状に成ったオイル漬け
このホワイトシップってのはなかなかショップでは見ないです。
高級品です。
お味はこのままで当然美味い。
なにしろ身が綺麗でオイルも透き通っている。
お皿に移すのも憚るくらい間を開けるといい香りですね。
マグロですが刺身のイメージしかありません。
しかし、こんな風に食べるのもイケる。
サラダに半分入れました。

由比缶詰所

なんでも夏ビンチョウマグロの白身だけを使っているとのこと。
これをホワイトミートと呼ぶらしい。
それをオイル漬けした缶詰で半年以上ねかせて出荷とのこと。
由比ヶ浜って父親の田舎だなあ。
おじいさん、おばあさんが由比の出身でした。
由比から横浜に出てきた。
一度、行ったことあるけど、海、東海道、東海道線と海沿いに幹線がとおり裏は山だったような気がするなあ。
といっても幼稚園前の記憶です。

2015年9月24日木曜日

ラグビーW杯 スコットランド戦

ラグビーの基本にイノベーションはない。
人間の能力には鍛えても越えられないものがあるという意味ではね。
スコットランドには日本は0勝4敗の成績が残っている。
しかし、1989年に宿沢チームが一度撃破している。
当時はスコットランドがベストメンバーじゃないということでテストマッチにはならず。
宿沢監督はW杯での初勝利もしている。

南アを僅差で逆転というドラマティックな試合をしてから4日後。
中3日という時間はどうだったんだろう。
選手たちは言い訳はしないと言っている。
確かに清い。
しかし、この日程については当然、リスクがありフェアじゃないと感じた。
相手のスコットランドは初戦。
しかも、南ア戦を分析する時間もあった。
こんな不合理がワールドカップであることは嘆かわしい。
実力がある国代表しか参加していない4年に一度の大会でこのような不公平があったことは嘆かわしい。

選手たちは世界一厳しい練習を4年間にわたり続けた。
それでも世界大会というのはそれ以上に厳しいということは明白。
特にスコットランド戦後半25分で疲れはピークになりあっという間に4トライされた。
それまではほぼ互角で展開していたにもかかわらずだ。
スコットランドもそれを狙ったような試合展開をしていた。
とにかく、日本を走らせ疲労させるハイパントの連続だった。
これは裏パンという最前線の後ろに高いキックをあげて、あげたほうは前進するがウケる方は後走する。
確かにキャッチする選手は前進だが、チームの最前線は全選手が後ろに下がるわけだ。
取らしてもいいし競って取りに行くことで消耗させる。
ラグビーは後ろからしかボールにアクセス出来ない。
これは慶応義塾大学の得意とする攻撃方法だった。
慶応義塾大学も体格は劣っていたが猛練習でスタミナをつけて、この作戦で相手の足を止めるということだ。
近年はボールをキックすることは攻撃権をリセットするという判断で避けられている。
しかし、体格の劣る日本がこの作戦をとるならわかるがなんと、スコットランドにやられてしまったのだ。
これは日本が中3日で疲労しているという判断が正しかった。
逆を取られてヤられた訳だ。

世界大会はどんなことをしても勝つことが最大の目的なのだ。
チームカラーだけで試合をしてくるのはNZ、南ア、オーストラリアの南半球だけで、北半球は相手により試合を作ってくるのだ。
南アの戦いはほとんど予定通りだった。
ジャパンはそれに持久力で戦えた。
スコットランドは消耗戦で当然、試合後のリカバリー時間が少ない分早く消耗してしまった。
これはいくら強がっても事実だろう。
まあ、マッチメイクにどのくらい関与できるかは知らないが無理なんだろう。
つまり、日本はのっけからセカンドフェイズには進めない想定だろう。
ベスト8といわれるセカンドフェイズは今まで何カ国が出られたんだろうか。
全大会で12カ国程度だろう。
そもそも世界大会に出られる国は16カ国なのだ。
日本はそれでもアジア枠で全大会出場。
しかし、前大会までにわずか1勝1分けが成績だ。
これほど、世界の壁は厚く厳しいものだ。
それなのに日程までも不利となるとベスト8は永遠に出られないかもしれない。
しかし、あと2試合勝利すれば実現するかもしれない。
それが可能なのが今のジャパンだろう。
ぜひ、立て直して再びジャパンの勝利を見たい。
そして、出来ることならスコットランドとリベンジ試合を期待した。

2015年9月23日水曜日

山中湖2年間の状況

ちょうど、1913年の9月23日にMy奥様と2人で何気なく行った山中湖でした。
何気なくというか、どこかいいレンタルあるかなあという気持ちでしたね。
この季節、行ってみたらなんとも爽やかで気分が晴れやか。
不動産屋さんへ立ち寄り、物件を見ているうちにどうせなら買っちゃうか。
そんな雰囲気になりました。
条件はペット可ということだけで。
事前の調査で借りるのが一番いいとは思っていましたがそんな物件はなく、古くて安い物件が目に止まっていました。
そこで不動産屋さんおすすめと、そのトンデモなく安い物件を見学。
安いというのはそれなりでしたね。
エーブル山中湖の物件は高くてしかも湿気でかなりダメージのあるところでした。
東京へ帰ってから色々考えたり物件を見たりしていたらエーブル山中湖に破格の物件を発見。
すぐさま、不動産屋さんへ電話をして見に行くことにしました。
その物件はほぼ使われていないものでした。
会員制のリゾートクラブ所有というものでロケーションもいい。
ただ、以前に見た湿気ダメージの物件が頭にありそんなのだと嫌だなあと思っていましたがなんと全然大丈夫。
しかし、狭い。
320万程度だったんで50万のディスカウントを不動産屋さんへお願いしました。
後日、オーナーがOKということで280万で契約することに。
契約は東京の不動産屋さん事務所。
無事、購入。
資金は積み立てていた年金2年分。

ロケーションは最高です。
角部屋ですから3面に窓があります。
バルコニーの前は少し山中湖が見える状態で湖面に面している。
角の窓からは森が広がり5階ですが森の高さと同じです。
玄関側にも森が広がります。
いわば、森の中の一軒家という戸建て風ですかね。

サイズですがコンパクトの極めです。
リゾートクラブ所有ということで本来煮炊きはしないわけですから最低限のキッチン。
電子レンジ、電熱器、冷蔵庫が付いていました。
あとはお風呂、トイレ、洗面台と和室、洋室です。
バルコニーは狭いですが2-3人でのテーブルが置けました。
和室は寝室、洋室は居間という感じですが使い方はどうでもいい感じです。
My奥様は料理やら跡かたずけをしないのが理想だったようです。

ここから歩いて高速バス、温泉、ショッピングセンターにどうにか行ける距離。
このロケーションも都会ではちょっとですがリゾート地としては地の利がいい。
いずれも2キロ圏内ということになります。
湖畔からは50M程度奥まっていますがすぐ湖畔ということです。
駐車場はどこに停めても無料。
やはり行楽シーズンや連休はそれなりに満車です。
隙間に駐車することもありますがどこにも入れられないということはないですね。

2年間で21回山中湖を訪れました。
滞在日数は75日。
一年の1割を過ごしていることになります。
同じ場所に行くわけですから相当気に入ってないと避暑地はダメですね。
2年間の維持管理費は50万てとこですか。
年間25万程度で10年所有で全ての支払いが500万ちょっとですから安い。
これは車1台分ですかね。

中古の軽自動車をそのまま置いておくという手もあります。
東京からは高速バスで往復。
自由気ままに行けるってことですかね。
車齢20年のビートも21回山登りをしている。
これも快調ですが道路が混むのがどうもというなら高速バスですね。
なにしろ高速バスならトイレも付いている。

自由に行き来しています。
私とワンコと誰か一人は車でいって、あとは適当に高速バスでという方法。
これはMy奥様が仕事だったりで一時帰るなんて時も便利この上なし。
軽自動車ですから往復のガソリン代は3000円弱。高速代は4000円程度。
1万ちょっとで往復できる経済性もいいですねえ。

2015年9月22日火曜日

Apple Watch Watch OS 2.0 アップデート


今日からなんですかアップデートできるようになりました。
1.0.1だった表示が2になりました。
インストール作業はダウンロードから始まります。
ダウンロードをして、次にインストールですね。
一手間じゃないのはiPhoneと同じようです。
注意書きはApple Watchに関してiPhoneとWifiでつなげ充電ケーブルをつけてということ。
515MBで結構、混んでいるのかダウンロードに時間がかかりました。
インストールも30分程度でしたね。





この手順で表示されます。
結構時間がかかりますのでそのつもりで。

OSをアップデートしただけで何も変わりません。
時計の表示は増えますが以前の設定は生きていますね。
これからアプリが対応してくるんでしょうか。
楽しみです。

山中湖21 3日目 4日目

予定通りの帰京です。
今回はワールドカップ中継を観戦中にどうも鼻風邪をひいてしまってどこにも出られず。
なんとも寂しいというかもっとも避暑地の過ごし方だった感じです。

今年孵った雛鳥の白鳥。
ひなは大きくなったんですがまだ茶色です。
親子3羽で水草を食べています。
動作は一人前。
ランチはおおもりさんでカツ丼。
最後のライスだったらしく後からのお客様はご飯物なしでした。
ご飯少なめといったんですがなにしろカツが2重にかさなりすごい量でした。
夜は大豊さんでほうとう鍋。
これは豚ほうとう。
ほうとうってのはだいたい水遁鍋に近いです。
すいとんのように団子じゃなくて一応、ぶっとい麺。
この料理はいかにも貧乏くさいというか味噌汁になんでもいれたスープって感じ。
いまじゃあ1500円もしますが家で食べればそれなりでしょうね。
当然ですが美味いです。
野菜もいっぱい入っているし適度なダシがでている。
今回は大きくなった白鳥の雛を見た程度で富士山も見えず。
しかし、やたらと観光客が多く、道も混んでいました。
エーブル山中湖の駐車場も満杯で通路に溢れていました。
シルバーウィークってゴールデンウィークより混みますねえ。

2015年9月21日月曜日

山中湖21 ラグビーW杯余韻

来た日にいきなりワールドカップで深夜まで起きてたおかげで鼻風邪。
点鼻薬を買って、どうも体調はイマイチ。

しかし、南アを撃破するなんていまでも興奮している。
勝つためにどこの国も練習している。
しかし、南アにとって日本に勝つためにはなにもやっていなかったかもしれない。
日本は世界レベルを見据えて日本独自の展開を考えていたんだろう。
つまり、勝つ事に対しての同意が日本は強かった。
その通りできた結果が奇跡の勝利を呼び込んだ。
ラグビーは実力通りの結果というのがほとんどの結果になるがこんな事もある。
その瞬間は南アと日本はほぼ実力は拮抗し、勝利への意欲が日本が勝っていた。
これはギャラリーを味方につけ試合場はもう日本一色だった。
これはラッキーでも何でもなく、すべての人が日本が勝つ事実を見たかった。
人間はドラマが好きなのは言うまでもなく、予想もしない展開に感動する。

鼻風邪は侮ってはいけない。
はなが詰まれば寝不足になり一日中、頭が重く、体が動かない。
昨日、薬局でルル点鼻薬を買った。
なによりも薬が欲しかった。
とにかく、楽しくない。

シルバーウィークなんていい方は初めて聞くような気がする。
ここ、山中湖に関して言えば、一年で一番人が多いと思う。
なにしろ、湖畔の道路は車が切れずに行き来している。
エーブル山中湖の駐車場は車が溢れている。
花火大会よりも多い気がする。

2015年9月20日日曜日

山中湖21 シルバーウィーク

春のゴールデンウィーク、秋のシルバーウィークなのか。
連休なんでやたらと人と車が多い。
切れ目なく車が走っている。
去年はどうだったのかねえ。
山中湖は観光地ということだ。

ご覧の通り、4輪自転車に乗る家族。
9月も下旬になると避暑地というより結構涼しさを通り越している。
ただ、昼間の日差しは強い。
心地よい風と太陽ね。

到着した日の夜中にラグビーW杯の初戦。
なんと南アフリカに奇跡的に勝った。
日本は次回の開催国。
この活躍は絶対必要だったのだがあまりにハマっている。
選手たちが如何に4年間勝つために練習したか。
エディージョーンズ監督は南アフリカに勝ちに行くと宣言していた。
選手たちも勝つために練習してきた。
どんな練習も練習のための練習じゃあ強くはなれないということだろう。
どんな高い目標も人間は克服するんだろう。
素晴らしく感動した。

2015年9月18日金曜日

iOSは9にアップデートしましたがWatch OS 2.0はいつなんだろう

16日にアップデートのはずですが「まもなく登場」のまま。

バグ修正で遅れ

こんな記事がありました。
そうだろうねえ、こんなに遅れるのはサイトのせいじゃないでしょ。
なんだか拍子抜けですかね。

2015年9月17日木曜日

iOS 9 アップデート

アップデートは日頃、iTunesで行っているんですが今回はiPhone本体で行いました。
つまり、上書きです。
iTunesを使っていたのはクリーンインストール出来るからだったんですけどね。
JailBreakなどする場合はクリーンインストールの方が事故率が少ない。
もう、JailBreakの世界は終わりだと思いますね。
これだけ、まともなOSになればそれほど必要なアプリもUtilもないしね。
逆に遅くなったり、落ちたりしますんでもういらないと判断しました。

さて、待てど暮らせどアップデートのバージョンが9に上がらず。
しびれを切らしてiPhoneをシャットダウンして再起動。
これで出来るようになりました。
時間的には10分程度で簡単は簡単ですね。
ほとんどの方がこの方法でしょうね。

どのみち、IIJの格安SIMというMVNOですから、プロファイルがアップデートしてからでした。
そのプロファイルもIIJのみおぽんアプリから直接ダウンロードできるという便利さ。
昔はプロファイル書いてたなあ。
APNを入力する手間が面倒なので自作プロファイル。
それもこれも脱獄のためだったような気がします。
無事、ダウンロード完了でした。
video

iPhoneの不要なプリインストールアプリ

iPhoneOSレベルでプリインストールされるアプリって不要なものがいくつもあります。
私にとってですが、ゲームセンターとか株価など全く無用です。
これらは常にラストページあたりに追いやっていますがその手間も馬鹿馬鹿しい。
絶対不要なアプリは個人によって違いますがなんとか排除したい。

そんな要望って散見しますが主流ではないのでしょうか。
ニューズスタンドだってネットでニュースの方が早いし、気の利いたアプリもあります。
こんなこと言ってもしょうがないのねと思っていましたが、世の中にはかなりいらっしゃる。

デフォルトアプリは排除できるようになるというニュース

こんなの見ました。
かなりいい加減な情報のようですが、多少はAppleも考えてはいるんでしょうね。
ここにもありますが、間違えてサファリを削除なんてあると困ることはこまる。
しかし、App Storeがあれば大丈夫でしょう。
つまり、削除できないアプリはもっと整理してほしいということです。

2015年9月16日水曜日

Velvet smooth Dr.Scholl 電動角質リムーバー

ホーマックで売ってたんで衝動買い。
たしか、2000円程度。
冬になるとカカトが割れて激痛ってのを防ぎたい。
なんだか年取ったせいかカカトの皮がやたらと硬くて厚くなった。
冬場は尿素クリームを塗って柔らかくしている。

ふと、見かけた商品。
こんな商品。
ヤスリをぐるぐると回して削り取るという原始的なもの。
ところが、これは素晴らしい。
単純だが確実に角質がツルツルに取れる。
単三乾電池4本なんでかなりのトルクもある。
カカトに当てると白い煙が出る!
触るとツルツルになっている。
適当に削り取って尿素クリームを塗っておけば大丈夫そうだ。
数時間たってもすべすべしている。
調子に乗ってアマゾンでスペアのヤスリとクリームも購入。
シンプルな構造でスピード調節とかもなくオンオフだけ。
かなりの大きさで重さも適当にあるのでほんとに当てるだけ。
これで冬場も安心だろう。
夏場にビーチサンダルなど素足で過ごしているので相当皮が厚くなっている。
夏場でもゴワゴワ状態。
これがすっきりツルツル肌はうれしい。

2015年9月15日火曜日

とりあえず、退院で仕事。

退院したら病院から忘れ物ですよと電話。
ちょうど、仕事があったのでついでに忘れ物取りに行きました。
仕事は車なんですが病院に車入れるの面倒なので3輪車。
退院も三輪車。
仕事は教室のマネージメント業務。
計画通りに行くように差配するのが仕事です。
事前に各担当の動きは決めていますのでそれ以外に発生する業務の全てを賄う。
毎回、同じような運営でも色々とすれ違いがあります。
水泳の指導などで近視眼的な練習になりがちになるところで客観的なアドバイスなど。
入水指導は確かに距離感が近いので指導している実感が大きい。
その反面、離れた場所でどんな練習をしているのかが把握しずらい。
参加者もコーチの近くではそれなりであとは手抜きなんてのが散見。
それが、オーバーワークなのか怠慢なのかの判断がなかなか難しいところです。
短いメニューでつなぐと緊張するけど身を入れた途端に練習が変わり気持ちが折れる。
なかなか指導も大変なんですよね。

ぐるぐると回りまわって監視しているとその辺は見える。
それが仕事というものです。
技術習得は詰め込む中に考える時間も必要なんですね。

結局はじめから最後まで仕事をしました。
退院した日にと色々心配して頂き心苦しいんですが自由にやらせていただきました。

入院すると簡単に体力をなくします。
人間の体はかなり怠け者というか動かないとそれに必要な体力だけになる。
人間は動き回ることで体力を維持しているってことです。
止まれば、体力はどんどん落ちるだけ。

入院中に結婚式参列で一時帰宅したんですがその時はもっと酷かった。
数十メートル歩くと息切れでフラフラ。
めでたい席なのに誠に申し訳ないことをしてしまったと思います。

明日からは少しづつでも歩き回らなければと思います。

2015年9月14日月曜日

Simply HDR iOS 写真加工

結構好き嫌いのはっきりした加工アプリ。
凹凸が際立つ。
なんの調整もせず、アプリで開いたらこれが標準だった。
油絵というか絵画的な画像になる。

これが元絵。
元絵もかなり加工した画像。
夏の富士なのでなかなか輪郭がはっきり出ない。
この辺が限界だった。
この手の絵作りが好きな方にはたまらないだろう。
私も非常に好きな加工アプリだと思う。

iPhone 6s Plusが出る

私の所有機はsなし。
つまり、現在最新、近日世代交代になる。

発表前の決意としては購入はしないということ。
所有機に非常に満足です。
6sになりそれほど変化がないだろうということ。
外見上の話です。

今回の発表では予想外に6sの性能が上がったことにびっくりしている。
なんといってもカメラ性能が驚きだろう。
70%はカメラでの利用。
30%はネットワークその他だろう。
その意味でカメラは最重要。
その性能が8から12メガになったようだ。
ただ、カメラ性能と撮影画像とはあまり関係ないと感じている。
あとは好みの話になる。
8メガが長かったのはアップルは暗闇での撮影で有利と話していた。
これはもっともわかりやすい説明なのか、逃げ口上なのか。
性能としてはレンズがそうとう良くなったと感じる。
レンズ性能でカメラ解像度を補っていたと思う。

A9チップのスペック、その他ではバッテリ性能始め良くなっている。
つまり、かなり進歩した機種といえる。

CNETの評価記事

この記事はただただ賞賛ということだが最後の数行で来年まで待てとある。
つまり、iPhone 6を使っているならあと1年使い続けろってこと。
これを信じますか。
実はiPad proはすごいって思っています。
これは必要があれば購入するかもしれませんが、iPadが役立ったという記憶がない。
実感としてないのだ。
だったらMacBookの新しいほうが魅力的かもしれない。
こちらは確実に使い続けるから。

2015年9月13日日曜日

OKストアのカツ重 エコタクシー

日曜日の病院はほんと静かです。
まるで死んだ街、ゴーストタウンな気分。
正面玄関もこの通り。
病院って365日フル稼動って感じしていましたが全然違う。

そんななか、逗子から友人が見舞いに。
ランチはカツ重ってことで病院キャンセル。
こっちは味噌汁を買っただけであとはお任せ。
とにかく、大きなコールスロー付きで、お茶まで。

カツ重をチンするかどうかで悩みましたが、冷蔵のままで。
冷蔵のままで食えるのはお弁当として一級品ということです。
カツもご飯もちゃんとしていまして食べやすい。
もちろん、甘辛の味付けもちょうどいい加減でした。
ごちそうさま。

彼が常用しているタクシーはエコタクシーだとのこと。
iOSのアプリケーションあり。
早速、登録しておきました。
彼の指定場所がちょっと狂っていたらしく電話で確認していました。
アプリで依頼して場所がわかりにくい場合は電話でのやり取りも可能でした。
これを使うかどうかわかりませんが安いです。
初乗り610円。

彼の話だと大崎周辺では探せなかったようです。
基本的に駅は車寄せがあったほうがいいのかもしれません。
オーダーして10分程度で来ていました。

ちょうど桜田通を流している車まで表示され、オーダーすれば5分で迎車の表示あり。
なかなか使えそう。
そろそろ、タクシーの使い方を覚える年齢になった。
銀座まで電車だけってのは辛かった。

2015年9月12日土曜日

会議出席 

結婚式参列後、会議出席。
一旦、帰宅して着替え。
休む間も無く遅刻になった会議出席。
もっと早くと思ったが式が終わってなんだかんだで4時帰宅。
それから支度をして4時40分過ぎに到着。
ちょうど、終わったところに間に合った。
議題は投げてあったのだが、欠席するとメールしていたようだ。
みなさん、ちょっと驚きの様子。
一応、投げた議題について審議いただき、なんだかんだ1時間近く。
5時半の次の会議にようやく間に合った。
次は事業委員に理事会報告。
滞りなく進んで7時前に終了。

理事会のお弁当をもらって病院に向かう。
一応8時に戻る申請していてセーフ。
時間に追われる生活から離れるとそれだけで息切れする。
たしかに貧血と入院生活で体力低下が大きい。
あまり入院期間が長くなると年齢的に回復に時間がかかるかもしれない。
何より安心したのはハードな動きでも血尿がなかったこと。
これは予想外に嬉しい。

姪の結婚式

朝からソワソワ。
銀座1丁目なんてほとんど行かない。
まずは有楽町からジャンボ餃子の天龍をめざす。
ところが日差しがキツく、息がきれる。
やっぱり貧血がまだ続いている。
それに入院での体力低下なのか。
普通のビルに到着。
普通といっても外壁はすべてガラス張り。
商業ビルにある結婚式場かあ。

結婚式なんて10年ぶりかなあ。
妹の娘だから姪という相関関係。
ガキの頃から知っているわけでそれが結婚ねえ。
共立薬科大には行ったら慶應義塾大学になっちゃったという薬学部卒業。
それから愛知の薬局へ就職してとんと見なくなったと思ったら結婚。
実家が埼玉なんで埼玉へ戻るらしい。
子供が出来た時のことを考えたらさっさと戻ったほうがいいのかもしれない。
結構、堅実派なんでそんなものか。

結婚式場は似非チャペル。
外人牧師がへんな日本語と英語で仕切る。
それなりにそれっぽいが正式なミサではないことはいうまでもない。
このような結婚式って日本だけじゃないの。
宗教的な儀式を模倣した結婚式ね。
感動しない。

披露宴会場へ。
狭い。
まあ、出席者が多いというかフルキャパ。
久しぶりの披露宴でどんな感じかなあと客観的に。
司会は昔、友人とかが多かったがスタッフの進行。
芸能人の結婚式などプロの司会者だったりするからか。
たしかに、スムーズ。
昔ながらのキャンドルサービスとお色直し。
挨拶は主賓ひとりで乾杯も同人。
つまり、ひとりしか祝福しないって見えちゃう。
この辺が昔と違う進行かなあ。
あと、ビジュアルで動画が頻繁に上映される。
挨拶はその映像からでるわけだ。
仲人もいないので両名の紹介も動画。
すべて動画編集を切れ切れに上映。
これもこの式場の売りなのかもしれない。
それにしては雑な編集が気になるがそれでも内容がリアルなんで引き込まれる。

料理はケータリングなのかもしれない。
それなりに美味い。
でかいフォアグラがメインかなあ。
フォアグラってレバーなんで味はレバーそのもの。
しかし鳥のレバーがあんなに大きくなるとはねえ。
スイーツは取り放題、食べ放題。

式場は多分1組しかできないので、1日せいぜい3組程度かなあ。
すべて狭い。
トイレも狭い。
受付も狭い。
宴会場も狭い。
基本的には100名は無理かもしれない。

私のとっては結婚式への往復が思い出に残った。
なにしろ息が苦しいとしか言いようがない。
いがいとふらつきはなかったんでよかった。
帰りはタクシーに乗ろうと思っていたら弟夫婦が歩きに付き合ってくれた。
2回ほど休み休み有楽町京橋口へたどり着いた。
山手線、京浜急行とも座れたので息を整える休憩になった。

2015年9月11日金曜日

一時帰宅 銚子丸

明日の結婚式のために帰宅。
貧血がまだ解決していないので明日また入院。
帰宅して明日の準備。
まあ、姪の結婚式で赤いブレザーはご遠慮と言われてしまいました。
地味な出で立ちで末席を汚すわけです。
準備といっても適当にトラディショナル。
靴はポストマンにしちゃいます。

家にいてもベッドに横たわったりで夕方、ワンコの散歩。
夜はちょっと買い物して寿司の銚子丸。
とにかく、味が濃い。
病院食に慣れちゃってなに食べてもしょっぱい。
これコンビニのおにぎり程が2貫。
とても食い切れず。
鯖はうまいんだけどねえ。
シャリが多すぎる。
これもこのまま食べて、なおしょっぱい。
喉が乾くのでアガリばかり進む結婚式前夜祭寿司パーティーでした。
ふたりで3000円程度と食費も安い。
すぐ満腹になりました。

2015年9月10日木曜日

外泊許可 おでん



夕食はおでん。
付け合せも野菜だけ。
なんともヘルシーというのはこのことかと思わず笑う。


明日から外泊、といっても帰宅して明後日結婚式出席。
申請書なるものを書いて、食事の有無など。
病院に戻る時間が遅くなる場合は電話で連絡するようにとのこと。

担当医はそのまま退院のつもりだったんですが来週初めまで入院希望。
変だよね。
普通、退院してもいいよと言われて、もっと入院したいって方はそうそういないでしょ。

外泊許可は担当医が許可するんですが管理は当然、ナースセンター。
そういえば看護師長からお部屋変わってもいいですよって言われました。
私の病室はそれなりに大変な患者さんだけ。
ま、私も手間だけは一番かかった患者ですが、違う意味で大変な方ばかり。

病室は全然違うんですが、毎日の散歩で必ずお会いする患者さんがいます。
私より一回り以上年配で、元プロ野球選手。
ここ数年、病気が続いてほとんど仕事もたたんだそうです。
病院事情にも詳しく、7月初めから入院しているそうです。
病気と鬱のようです。
病院には色々な方がいて面白いんですけどね。
外で会いたかったですねえ。

明日は天気も良さそうでよかった。
私、入院には必ず単車で来て入院です。
今回は車で診察に来たら入院になり、一旦帰って、3輪車で入院。
まあ、あまりいないでしょうね。
一度だけタクシーで駆けつけそのまま入院ってのがあったなあ。
帰りもタクシー。
タクシーで1000円程度ですからそれでもいいんですけどね。
荷物あったりで車じゃ駐車場代がべらぼうですから単車が一番。
しかも3輪車で荷物車です。

2015年9月7日月曜日

結婚式 紺ブレ

土曜日に姪の結婚式があって出席。
目出度いところへは出るのが主義。
紺ブレです。
カマーバンドするかどうか。
なにしろ妹には派手な格好はしないようにきつく言われている。
そう、赤いタキシードなんてのはもってのほかなのだ。
確か、妹も結婚式披露宴はどこかのホテルだったような。
ああ、プリンスサンシャインだった。
姪は銀座のレストラン。
流行りなのか開店前の結婚披露宴で2度稼ぐ訳だ。
今時の結婚披露宴ったって昔とほとんど変わらない。
お二人が仲良くご夫婦にと願っている。

しかし、紺ブレでいいかなあ。
冠婚葬祭用という葬式ダブルでもいいんだけど。
いまどきそんな服装って居るのかねえ。

2015年9月6日日曜日

入院でとりあえず必要な機能 Apple Watch

現状では脈拍がわかる程度。
血圧と体温は必須でしょ
血圧はどんなセンサーなのかは不明ですが体温は今でも可能じゃないか。
なんでも本体が熱を持つので正確に体温を計測できないらしい。
本体より今後はベルト部分が色々と重要な部分になるかもしれない。

確かに本体はかなり性能の良いCPU,バッテリなど詰めるべきであとはベルトの付加機能強化と出るか。
ベルトの付け替えはそれほど難しくはない。
簡単とも言えないが女性でも取り替えられるはずだ。
バイタルはベルトが決め手になるのだろうか。
脳波や心電図はパッドでBluetoothなどかなあ。
一般的にはこの程度だろう。
可能性があるのは血液検査が採血なしでどの程度可能か。
たぶん、ほとんどのバイタル検査は可能になるだろう。
あとはシステムで投薬とか服薬など2次的な確認など。

わたし、昨日から体温計が見つからず。
どうなるかといえば体温は測らないから病院記録されない。

2015年9月5日土曜日

出血量が減少 昔の看護システム 介助人制度

昨日あたりから血尿の赤みが減少。
とはいえ潜血検査をすれば1+以上ですかね。
貧血は結構深刻だと思いますが止血すれば1週間程度で回復ですか。

今回の入院で
個室1日、4人部屋3日、ステーション側と3箇所移動しています。
生死に関わるような数値ではないので個室は1日でいいと思います。
当然ですが個室の方がはるかに看護は十分です。
4人部屋で看護についてあれこれいうのは問題です。
つまり、相当な異常が起きた時にすぐ対応できるのが入院です。
無料部屋の場合は基本的看護、投薬だったり体を拭いたり点滴治療の管理程度ですかね。
個室はバイタル全般を常に管理しているようです。
看護師はほぼ専任で数時間つきますよね。

病室の位置ですがやはりナースステーションが近いほど治療が頻繁だということです。
看護師が来るのに時間がかかりません。
看護体制は患者数人(何人)に一人というような割合です。
専任ではないので限定的看護ですね。

ただ、今の病院は完全看護というシステムです。
これが誤解されちゃうんですよね。
昔は世話人を頼んで身の回りの面倒を見てくれました。
これは病院とは別に費用が掛かるわけです。
その代わり、買い物、洗濯なども頼んでよかった。
今は完全看護を謳いながら、そのようなサービスは無しです。
病気治療については完全看護ですかね。
世話人時代は食事の介助やらオムツなどは看護師の仕事ではありませんでした。

今の介護保険ですが、こんなことはしてくれませんよ。
よっぽど介護世話人制度の方が素敵でしたね。
マンツーマンでしたから。
病院に詰めている訳ですから、病院のことはよく知っているしね。
昔の病室は患者を詰めるだけ詰めていました。
しかも、その隣には世話人が寝ている訳です。

2015年9月4日金曜日

心臓エコー 血液凝固テスト

これも手術の準備ということです。
ヘパリンというのは血液凝固作用に影響あるんですが1分以内凝固という結果。
なんだか固まりやすいのね。
心臓エコーはやたら慎重でしたね。
ひっっかるかもしれません。
といっても心臓には自信あるんですけどね。

これでほぼ手術の事前検査はおわりでしょうかね。
多分、どんな結果が出ても手術はやるんですけどね。
ただ、麻酔医の問題ですかね。
私は膀胱に穴があかないように祈るだけ。

膀胱炎は女性が多い病気です。
男性はチンチンがあるんでそこでひっかかるんですかね。
男性の膀胱炎はかなり体が衰弱している時とか。
私のように放射線被曝など外的要因だったりですかね。
女性はまあ、男性の手荒なペッティングとか自身のオナニーですかね。
尿道が短いんで結構清潔にしていればいい。

今日は夕方から雨らしい。
入院は暇なんです。
この部屋は色々な年寄りが多い気がします。
皆さん、食欲がないとか、食べにくいとか。
何かなのかちょっと不明。

2015年9月3日木曜日

肺機能検査 肺活量 吐く力

いろいろと検査しますが私はこれがどうも苦手。
肺活量はかなりの数値ですが息を吐く力が弱いようですねえ。
何でって感じですけど。

歌を歌えば吐く力は結構自信あるんですけどだめかねえ。
あまり真面目にやったんで左胸の筋肉ツッテしまった。
検査結果はあとで教えて貰えばいいかな。

肺活量は普通の呼吸から一旦胸の空気を全部吐き出していっぱいに吸い込んでまた全部吐くまでの検査。
これは口からなんで慣れないとダメだと思います。

吐く力は思い切り吸って吐くだけです。
これが難しいというか肺機能が弱っているんでしょうね。

2015年9月1日火曜日

貧血 入院

貧血で入院。
血尿が続いていて貧血。
入院じゃないくても良かったんですけど、主治医がさせたがった。
10日くらいでしょうけど、保険金名当てってことじゃないです。笑

今回は個室に突っ込まれて、無料部屋へ移してくれるように婦長に懇願。
どうなることやら。
個室は静かで詰まらないというか気が滅入る。
バストイレ付きだけど両方ともダメだろうしなあ。
ああ、風呂は大丈夫。
トイレは管入っているしちょっと面倒くさい。

貧血ってのはヘモグロビン値で見るようですね。
1週間前に脳梗塞の担当が結膜を見て全然大丈夫なんていっていました。
いまでも結膜はちゃんと血の気あるしなあ。
一応、貧血ということで輸血。