2018年1月17日水曜日

大相撲 貴ノ岩事件 暴行に対する損害賠償

一般的に暴行などは損害賠償(慰謝料)で双方が手を打つんだろう。
手を打つというのは示談書を交わすというのが法治国家なのだろうか。

今回は貴ノ岩に対する暴行で貴ノ岩が受けた損害に対しての民事訴訟になるかもしれない。
何としても内輪でと言うのならもみ消しだっただろう。
しかし、貴乃花親方はそれを猛烈に拒否した。
協会はなんとかその糸口を探り、貴乃花の非をついて黙らせようとした事実。
それに対し、拒否を繰り返した貴乃花親方の考え。
それがテレビ番組の争点になった。

しかし、理事会でどう貴乃花が八角親方に脅かされたかは不明だが、手を引けと言われたはず。
貴乃花は出来るだけ大事にして事実を残そうとしたかはご覧の通り。
黙って語らない貴乃花は悪者にされた。
しかし、貴乃花にとってはそれは問題ではない。
問題は隠蔽、脅迫の連鎖を出さない強い意志が黙して語らずだったと想像する。
口を開くと、じゃあああだこうだになる。
例えば、警察に任せているのは第三者の取り締まり組織にきっちりと事件の全容を調べてもらうまでは待って欲しいと言ったら、
じゃあ、警察に電話して話してもいいかどうか聞いてみろなどと言いがかりをつけ、電話までした悪徳弁護士付きなのだ。
もちろん、事前に警察の上部と相談が出来ていた話だろう。
貴乃花はそんなことは百も承知で受け入れるはずはなかった。
結果はどうであれ第三者の組織に委ねるのはこれ以上の正義はないからだ。
相撲協会の規律は委員会がありそこでと言うことだが委員会は相撲協会から多額の報償を受け取っているし、隠蔽、脅迫の話も出来ている。

まあそんな中で貴乃花は一人、世間にも黙っているのは大人気ないだの、組織の規律を乱しているだの馬鹿な話が大勢を占めていた。
どっちが馬鹿だか考えれば簡単にわかる。

放送も言えるスレスレで貴乃花寄りの話をするが一方的にはならない配慮で余計混乱。
みんな、隠蔽、脅迫の事実を知りながらそれが言えないのが報道だ。

これから賠償問題になるだろう。
夕刊フジは大胆に8000万円と値踏みしている。

記事

まあ、そんなもんだろう。
もしも民事訴訟が起こらない場合はこの倍で示談手打ちが相場。
今、105ある年寄株は1億を超えているからその程度は想定内だろう。
年寄株を取得し部屋を設立する資金としてはその程度。
あとは貴ノ岩が年寄の有資格を取れるかどうか。

2018年1月15日月曜日

相撲協会って公益なんだろうか。

私の関連している公益財団法人ですが、
個人に益がある事業については完全な受益者負担です。
しかも利益を出さない運営です。
じゃなんで成り立つのか?
これは寄付です。
まあ、財団設立時に当然、資金が億単位で必要でした。
それを運用して運用益を出すことも重要です。
寄付金や運用益を使い広く活動をしている訳です。


さて相撲協会というのはなんでしょうか。
売上高120億だそうです。
これが無税な訳です。
120億売り上げて無税ですよ。
国民は60億近くの税収を失っている。
果たしてこれが公益なんだろうか。
だったら運営を国民に任せなければいけない。
あるいは国民な納得するガバナンスやらコンプライアンスが不可欠です。
これは無理です。
一般にわかりにくい密室での特殊な構造だからです。
何しろ、興行を売って多くの人が一般的に多額と思える収入を得ている。
その部分はやはり株式会社なり財団法人であるべきだと思います。
国技館を持っているしまあ、財団法人でしょうね。
税金を納め、社会性を高めなければよくならないでしょうね。

ガン経験者 初めて知ったこと

元々、父親がガンで亡くなり自分もそうなるかなあと検査の結果前立腺癌が見つかる。
前立腺癌は遺伝の要素が大きい。
そんなことでガンと共存というか、切除の治療を受けることになった。
じゃあ、ガンってなにさということは判っているようで判らない。
とにかく、色々なガンがあってそれぞれが違うということ。

シンプルにガンは何?

この記事を読むとわかりやすい。
つまり、としを取ったからガンになるがキーポイント。
あとは細胞が傷ついてしまうことでそれが増殖する。
傷つくのは老化が原因というパターンが多い。
もちろん、若くても傷つくので老人でなくてもガンになる。

細胞レベルの話なんでガンにならない薬とか環境ってあまりないだろうと思う。
もちろん、ガンになる環境はある。
例えば、外的に刺激、ストレスを与えることでガン化するということ。
タバコはその代表ということだ。

2018年1月11日木曜日

韓国の言い訳

大統領が慰安婦合意はなかったことにと言っている。
大統領が変わるたびに繰り返される問題だがそれが慰安婦ということに呆れる。
慰安婦問題はそもそも韓国のでっち上げ。
韓国兵がベトナムでどんな暴行行為をしたかということを棚にあげ勝手な言い分。

日韓基本条約でほぼ解決済みだろう。
日本にも明記しなかったミス。
3600億円の対価はなんだったのか。
民間借款やら何やらで1兆円を越す援助が1960年代に行われて居た。
今から50年も前の話でこの資金で現在の韓国経済は成り立っている。
戦争から70年以上経っているのに相変わらずこれだ。
70年も前の慰安婦問題はあったのかどうかも分からない。
勝手に言わせておけばいいと思うし、韓国国民はそれを忘れない教育がされている。

日本国民は戦後、慰安婦問題やら植民地政策の負から自力で立ち直っている。
ベトナム、カンボジアも自力で立ち直っている。
韓国だけが相変わらずの強請りたかり国家の恥を知らない。
経済自立をしているにも関わらず売国奴に売られたことを忘れている。

時の政治家は困ると慰安婦問題で人気を取り戻す稚拙な政治も問題だ。
それを望む国民や国民性は日本人には理解できない。
なんでも困ると日本人のせいにして逃げる元首ってのは如何なものか。
挙句、まあ恥知らずに賄賂ざんまいがバレると自殺やら投獄やら。
呆れて話にならない。

2018年1月8日月曜日

関東学院大学ラグビー情報  大学選手権

大学選手権の決勝、もう何年たったんだろうか。
光陰矢の如しというか15年程度は経過しちゃっているかもしれない。

放送で、帝京大学の連覇は、
関東学院大学と引き分け、トライ差で進んでから始まったそうだ。
そういえば当時の初戦で帝京大学と対戦したんだなあと思い出す。
キャプテンはトヨタで現在、ナンバーエイトの安藤泰洋くんだった。
玄人受けするプレーヤーで今でも渋い。
今年のトヨタは本当に強くなったなあ。
北川君の活躍も嬉しい。

明治の前回、決勝進出の相手をしたのも関東学院大学。
すごい死闘の末関東学院大学に負けた明治は大学選手権でなかなか勝てない時代に入った。
その後のカントーは全く縁がなくなって今季はチャンスもあったが逃し、しかも二部落ちという試練。
勝負のあやというものはノンフィクションで面白い。


前置きが長くなったが帝京大学はわずか1点差で9連覇した。
前半、明治大学の風は神がかり的な空気を感じた。
明治がこれほどまでに良くなっているとは思いがけなかった。
現代は明治のプレースタイルが理にかなっている。
もちろん、北島イズムの時代よりプラスαの要素もあるが基本は北島イズム。
明治大学は強いフォーワードに早いバックスがプラスされないと勝てないことを知っているだろう。
早稲田のように年代に応じたプレースタイルではなく、強い、早いがキーワード。
早稲田はメンバーでオプションが毎年変わるのが魅力。
強いていえば、慶応の低いタックルとキックでチャンスを作るというスタイルは明治に似ている普遍的プレースタイル。

後半も昔のように足の痙攣で倒れる選手もいないほどの体力が明治を支えた。
まあ、一点を守りきった帝京大学のチーム力も魅力的。
来季はもっとリーグ戦グループが絡んでくれたらなあと思った。
今季の大東文化大学はかなりチャンスだったと思う。
仕上がりがちょっと早かったかもしれない。
もっと熟成できたら今年の帝京大学ならと思う。

カントーは10年連続決勝進出という輝かしい実績がある。
来季は二部になるが是非、近い将来大学選手権復帰、決勝進出を果たして欲しい。

2018年1月5日金曜日

理事長の仕事

今、相撲協会で揺れている大問題。
暴力根絶ができない体質。
八角親方の理事長としての資質はどうなんだろうか。
力士出身者だけの体質をコントロールして暴力根絶できるのか。
稽古と称した暴力、いじめを根絶できるのか。
無理だろうしビジョンもない。
それを補うスタッフが男ばかりなのだ。

私も規模はとにかく同様な仕事を拝命している。
私の前は小さな組織なのでなんでも理事長だった。
上部組織の代表、あらゆる対応は全て理事長経由というワンマン体質。

実は私は自分の体調というか健康管理に問題があった。
理事長を拝命する時期がガン闘病と重なっていた。
ガン闘病といっても色々な状態がある。
私の場合は普通に生活できるが体が老化とともに退行ししかも速度が早かった。
いっぺんに老人になった感じだった。
そんな状況で理事長が受けられるのか。

まず本当に理事長がやるべき仕事はなんだろうと考えた。
組織の中で理事長しか出来ない仕事を選別しその他の仕事は分散することが可能か。
つまり、理事長を仕事の一分野化することを考えた。
もちろん、最終決断は必要だがそれまで完全移譲できるスタッフの整備。
組織を構成する99%が女性という環境を考えた末に条件をスタッフに伝えた。
私の仕事は長期計画を含む組織維持だけに特化すること。
理事長以前にしていた仕事の継続なのだが時期的に最重要課題と位置付けた。
つまり、少子高齢化を念頭に組織のどの部分を縮小しどの部分を強化するか。
意外と考えると思いつくことがたくさんあった。
組織維持に関しては10人程度の女性に分散し管理を移譲してしまった。

現在2期目で長期計画は着々と進めている。
最大の誤算は移譲することで思いの外10人の力が結束したこと。
それまでは女性特有のテレトリー独占欲というか意識が強かった。
それは互いに認めてはいるものの好き嫌いと同じレベルの評価。
ところが2年やるとそれぞれの仕事を互いに尊重する意識が高くなった。
好き嫌いなんて感情より仕事分業で頼るしかない実情が理解できるようになった。
10人の意識が一致すると100人近いスタッフへ伝わることが女性は早い。
男性のようにウジウジしていない。
好き嫌いは仕事に関しては除外できる女性特有の感情コントロールだろう。
理事長という絶対的存在から支持されればその仕事は完璧にこなす。
これが分業を理解する上で一番大切で、気がつくと一つの大きな仕事を完成させている。
組織運営は一人では不可能でも10人でやればどんなにスムーズに進むか。
どんな組織も一人ではどこかで破綻する。
どんなカリスマでも限界が見えてしまう。
楽天もソフトバンクも組織としては限界だろう。
あとはリーダーが移譲したスタッフの力なんだろう。
ただリーダーは前を見ている限り発展して行くだろう。
プランがあれば組織は一丸となる。

まあ、年寄りなんで他に方法がなかっただけかもしれない。
若い力は少ない。
それを最大限引き上げるのが私の仕事、間違えはない。

2018年1月4日木曜日

相撲協会評議委員会ってなんなのさ

個人的には相撲協会が公益財団法人ってのが納得いかない。
大相撲のどこに公益性があるんだろうか。
法律上は決算の仕方と仕分けでしかない分類で非課税部分が多い。
しかし、格闘技という範疇で考えれば公益性が必要だろうか。
例えば、小学校で無料の相撲啓蒙活動をしているとかは皆無。
一般で相撲を楽しむ人はほとんどいない。
相撲を観て楽しむということが目的の大相撲だと思うが違うのだろうか。

相撲は歌舞伎のような無形文化財でもない。
文化財しかない日本では相撲も文化財として分類しない限り公益財団法人の体をなさないだろう。
今の大相撲はモンゴル人の天下だ。
日本人力士はモンゴル人の早い相撲についていけない。
日本人の相撲はもっと大きい。
間合いの取り方や所作が美的視点で構成されていた。
今は個性で構成されているので形骸化しているだけ。
必死で守ろうともしていない。
適当にモンゴル人を連れてきて成績を収めると収入になる。
そんな、親方制度にも問題がある。
体を見極めてスカウトし一から育てるなんて気持ちはないだろう。
もはや、日本人で大相撲を目指す人材など宇宙飛行士を育てるようなもの。
そういう時代だからモンゴル人でいいのか。
だったら、国際相撲協会として株式会社にでもすればいい。
プロレス団体と変わらない。
今の相撲協会のどこがプロレス団体と違うのか不明。
全てが形骸化して無理やり公益財団法人としているだけ。

中には、無形文化財を目指す人もいるだろう。
例えば、貴乃花はそうだろう。
今回、非協力的理由で処罰をする評議委員会が訳もわからず礼を持って行動して欲しいなどばかなことを言っている。
礼を持ってなど自分でいうのも甚だチンケな話。
礼を持たれる人格もない相撲音痴に言われたくない。
相撲の礼は一般の礼とは異なる。
何故ならば相撲は強いものが支配する無形文化財だから。
公益財団法人で無理やり設置された評議委員会などクソなのだ。

私個人、公益財団法人傘下の団体の仕事をしている。
公益財団法人になる時に参加費がかかる水泳教室を公益財団法人から引き受けた。
つまり、公益財団法人自体が大相撲の本場所を運営するのは違反。
これは相撲部屋が運営しなければならない。
そもそも論で言えば相撲協会は相撲部屋の集まりだから当然のこと。
相撲部屋運営のための本場所、巡業などは相撲部屋の仕事。
相撲協会は全国小学校に相撲を広めるための講座でも開けばいい。