2017年6月23日金曜日

3代目のハンドスピナー

ハンドスピナー、不思議な魅力だ。
何となく手が空くと探して遊ぶ。
初めはどのくらい長く回っているかなどが気になっていた。
長く回ると言っても永遠に回り続けない。
だから面白い。

駒を回すような技術は要らない。
ハンドスピナーと言っても私はテーブルに置いて回すのが好きだ。
それをぼーっと眺めているだけ。
そのうちにやることがあることに気がついて終わる。


中国から直送。
数日で着く。
この9個の歯車が面白い。
スピンしているときは歯車も回っているが全体が回転しているので見えない。
相当、回転が治ると徐々に歯車の回転が見えてくる。
よく見えるようになると回転は止まる。
何ともガシャガシャ音を立てて回るので荘厳。

まあ、スピナーの楽しみが増える。
これを考えるほうがスピナーを考えるより難しいが単純にベアリングで回転させることの凄さはその上なんだなあと思う。
色々あるとこれまた楽しい。

関東学院大学ラグビー情報 専修大学戦2017

精彩のない試合でしたね。
疲れているのかもしれませんが2部校同士のような気がしました。

しかし、どうしたんでしょうか。
豪雨が影響したというのは両チーム同じなのでないでしょう。
後半はリザーブメンバーも入れてフレッシュレグのはずがコケてました。
それだけ実力差があるんでしょうね。

そろそろ終盤ですがチームとしては上昇しなければリーグ戦は厳しい。
是非、休養を十分考えてもっとタイトなゲームが出来るようにと願っています。
これから関西学院大学定期戦が一つの目標でしょう。
是非、これを突破して調子を上げて欲しいですね。

2017年6月21日水曜日

MacBookの使い心地

購入以来明日で1週間。
毎日手にするのは軽いから。
USB-Cで大丈夫かとくだらない心配もありましたが普段はネットクラウドなんで不要。
電池もそれなりに十分。
早さもi7なんで十分。
というくだらない感想文ですが、ローズゴールドのボディがまず最高な気分。
透明のカバーを購入。

一つは手触りがサラサラで滑り落ちると困るなあと思ってカバー。
Airでもカバー買ったけどすぐ外したんでこれもそうかなあ。

USB-Cしかないので色々と買いまくり。
色々買い揃えたんだけどそれほど必要ないかなあ。
まあ、いいんですが。
これからはUSB-Cの世界になるんだからと納得。

軽いってのは卑怯な気がするなあ。
サイズはAirと違和感はないので十分。
年寄りはOSXに慣れていて、どうもiOSに馴染めないでいる。
最近iCloudを使い始めたんで変わるんだろうなあ。
OSXのファイルシステムが変わるようなんでよりiOSに近くなる。

発売当初のMacBookってAirを使っていてなんで同じようなものをと不思議だった。
しかもまんまのMacBookってネーミングもさすがにそれはないだろうと思った。
ま、使ってみてなるほど未来って感じるような出来。
大きな要因としてキーボードが素晴らしい。
自然に軽くカチカチと楽しい。
デスクトップで使っているテンキーマジックキーボードも凄い打ちやすいんだけど。

Appleが止まっていないのはわかりやすい。
ただ、使い続けている私にとってということなので知らない人はわからない。

新しい製品が出てこないのは産む苦しみなんだろう。
現状の製品構成で埋まっているんでこの新しい分野ってことになる。
それは何かわからないが車のように大物なのかもしれない。

2017年6月19日月曜日

iPhoneの検索は何を探す OSはクラウドと一体

iOSってもともとデータはメール、住所録の通信手段支援。
あとはメモなどと予定表など個人的情報管理だろう。
これはSiriでも簡単に大雑把だが検索してくれる。
基本的な検索でも詳細に検索できる。
Siriはもっと鍛えなければ実用としてはダメ。

検索で重要なのはiCloudの検索も含めていること。
つまり、データストレイジとしてはiPhone内よりクラウドになっている。
これでiOSの位置付けがデータ検索になりつつあると感じる。
まあ、それにはiCloud利用が必須でDropBoxも検索してくれるが条件がある。
その条件はちょっと不明なのだ。
一部を表示するのか全体を検索できないのかという部分の話だ。


これほど優秀な検索機能だがあまり使わないだろう。
Macの登場でフォルダーという概念が目に見える形になった。
それが、iPhoneにはない。
当然、iPhoneにはデータそのものを置くというところではないと決定したんだろう。
写真のように見える形の画像についてはデータを持つ。
しかし、書類などは持たない。
書類は雑多なフォーマットでもともと管理の意味が薄い。
全てがPDFのフォーマットになり、手を加える手段があればの話。
だが、PDFフォーマットは他社なのでそれもできない。
自社のフォーマットで管理するならiCloudで現在は管理も加工も可能になっている。
多分、そこが終局の保存場所としてiOSはどんどん進歩している。

OSXの行き先はないだろう。
ほぼ完成しているしこれ以上の進展も利用にも限界は見えている。
Appleのアプリ以外に無数のアプリケーションがAppStoreにある。
それらは狭い範囲で利用されるアプリばかりでビジネス、教育、個人での利用は純正アプリで事足りる。
純正アプリは自社利用の産物だろう。
だから無料でOSXに付随していてバグは簡単に集取できる。
ある意味でAppleという企業利用で必要十分に仕上がっている。
これは販売目的より、副産物的なものというわけだ。

OSXはいずれiOSに吸収されるかもしれない。
その方が管理も楽だ。
ディレクトリはあるがフォルダを見せないiOSはどんどん便利になるだろう。
あとは検索とクラウドで便利に使えればいいというわけだ。

ハワイアンシャツ

初めて米国へ行ったのが1972年。
その時に最後に立ち寄ったのがハワイでした。
なんだかお墓へ行った思い出があります。
普通はいかないでしょうけど。
あとは風が強いところへ行ったなあ。
ということでハワイアンシャツなどは思いもせず。
昔はちょっとやんちゃな感じですかねえ。
当時はトラディショナルな服装かヨーロピアンと言われるイタリアンファッション。
まあ、どちらもどうでもよくて、HangTengのTシャツ着て居ました。

この柄が特徴的。
ハワイの植物柄でしかも大きい。
この手のシャツはもともと日本から移民した人たちが着物をバラしてシャツにしたようです。
つまり着るものがなかったんで出来た応急衣料品なんでしょう。
着物なんて着て農作業できませんから。
ハワイの原住民は裸族に近かったんでしょう。
上半身は裸、女性はおっぱいを隠すだけみたいなしかも腰蓑で布は貴重品ですかね。

米国はハワイを植民地にもせず搾取して居たんでしょう。
搾取といっても農作物、砂糖、コーヒーなどでしょうか。
当時のハワイは王国でカメハメハ大王なんてのが居たそうです。
今は西海岸米国人にとって憧れの地。
日本からもそう遠くなく飛行機で数時間。
不思議なのは軍港がそれほど目立たないんですね。
これは沖縄と大きな違いだなあと思います。
日本の沖縄の方が米軍基地がどっさりある。
今は沖縄は極東方面の最重要拠点というか最先端というわけですかね。

2017年6月18日日曜日

マイクロソフト Surface Proってタブレット型で旧来のPC

マイクロソフトが開発しているウィンドウズマシンです。
強気な価格帯でウィンドウズの中核になろうとしています。
しかも売れている。
ウィンドウズといえばOS開発で大儲けした企業ですから製品を作ること自体いいこと。
自社のOSでアドバンテージはOSにあったマシンが出来る。
この手法はAppleな世界の追従というか当たり前の進化でしょう。
Appleの何百倍ものウィンドウズOSが世界中で動いているわけです。

このSurface系列のマシンはビジネスを歌っています。
ゲームマシンでXboxを作っているからでしょうか。
何れにしてもマイクロソフトはハード開発でモバイルPCを開発しているんですね。

マイクロソフトのサイトではOfficeが主力製品でSuface,Xboxと続きWindows10。
つまりOSは4番目ですね。
しかし、ダサすぎるサイトですけどね。

マイクロソフトサイト

まあ、SufaceのマネージャーがAppleのiPadはSurfaceの後追い商品と断言したそうです。
つまり売れ出しているということでしょう。
売れ出すとbig mouth、その気にになる。笑
これはタブレットというよりPCまんまですからiOSの思想とは別でしょう。

生き残りは大変でしょうね。
もはや、ネットOSの時代が見えているんですがChromeBOOKが安っぽく使いにくい。
この辺が狙い目でしょうね。
というかそれがiPadなんですけどね。

ChromeBOOKサイト

AppleのiCloudはほぼ出来上がってきました。
Apple IDでiPhone, iPad, Mac, Watchが連携している。
ユーザが気がつかないところがAppleらしい。

Appleサイト


2017年6月17日土曜日

関東学院大学ラグビー情報 対 富士ゼロックス

土曜日なので釜利谷へ。
日曜は仕事、土曜も隔週で会議ということでなかなか難しい。

180度のパノラマです。
色々、騒がれている富士ゼロックスですが、ラグビー部から数名入社しています。
ということで親善試合といった位置づけ。
双方のAチームではないです。
KGUはCからDという選手ですかね。

前半はほとんど自陣での試合で、これは疲れる。
後半はやっと盛り返してドローでした。
社会人もこのクラスは仕事も忙しいでしょうからキビキビした動きは立派。
KGUはディフェンスの実践練習というイメージ。
詰めが甘いんですね。
チームとして機能もしていない部分が多いですね。

スクラムはきっちりと押していました。
セットプレーは上々って感じです。
ゴール前での反則というかミスが多いから相手に簡単に得点される。
今日はかなり暑かったんでリザーブのいない富士ゼロックスはバテバテでしょうね。
虎刈りだった芝もだいぶ綺麗に生えそろっていい、気分でした。
サブグランドはrugbyスクールの子供達が楽しそうにゴロゴロ走っていました。
試合後、車で釜利谷を降りていくと、子供達だけで歩いて帰宅。
ほんわかですかね。

明日は専修大学でA,Bチームでしょう。